不思議な出来事に遭遇したら、ブログに綴っております。(^-^)
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
創造の年

2月11日を過ぎ、本格的に2019年がスタ

ートとなりました。

 

私の場合、このところ2018年の滑込みが

良くも悪くも激しくて、去年というよりは

ここ10年間ぐらいの答え合わせをしている

感じです…。(^^;)

 

というのも、先日大学時代からの友人達と

久しぶりにゆっくりとした時間を過ごした

のですが、お互いの近況報告をし合ったと

ころ、それぞれ本当に苦労して生きてきた

事を実感!(;^o^;)

 

デザイナーの友人は、ライセンス契約をし

た会社からパチモノのデザインを勝手に販

売されたり、会社を立ち上げた友人は、ブ

ラックバイトに売上金を持逃げされた挙句、

イベント期間中に雇った数人のバイト全員

に無断欠勤をされて、イベントを中止にせ

ざるおえなくなったとか…。(T T)

 

また、海外のギャラリーと契約をして自身

の作品を販売している友人は、海外の振込

サギに引っかかってしまったり、作品を盗

まれて、転売されてしまったり。

 

そんな感じで、それぞれ絵描業界の苦労話

が出るわ出るわ…。お互いにあまりに忙し

い日々を過ごしてきたため、積もりに積も

った経験を語り合った次第です。

 

その中で、友人の1人が「散々悔しい思い

をしてきたので、この経験をこれから成仏

させたいっ!」と意気込んでおりました。

 

さすがクリエイターだなあと感じるのは、

イタイ目に逢うほど、その経験や反省を踏

まえて、新しい企画を思いついたり、新た

なイマジネーションや創作意欲を起こした

り、前向きな切替えをしている事でした。

 

その友人達と、偶然手に入った招待券で

『奥村土牛(どぎゅう)』という101歳まで

生きた日本画家の展覧会に出かけました。

土牛氏は、40代後半の制作が初期作品と

のことで、90代の晩年になるほど面白く、

伸びやかな画風に変化しているという、

驚くべき作家さんです!(^o^)/

 

私も現在40代後半という齢で、土牛氏が

初期作品を制作していた同世代になりま

すので、今後の展開の励みになりました。

そして、今までの仕事の経験や反省を踏ま

えて、新たな方向性が見えてきました。

また、友人達ともお互いの経験を生かして、

一緒に悔しい思いを成仏させよう!…とい

う話にもなったり。(^^;)

 

今年はカバラ数秘術的には…

2019年→2+0+1+9→12→1+2→3

ということで、数字の『3』が象徴する

創造・独創性・誕生・変化・破壊・遊心…

といったキーワードの年になります。

 

来年2020年の東京オリンピックや2015年

の大阪万博に向けて、新たな都市作り・環

境整備・ルール改正・基盤固めなど、創造

性が加速していく感じですね☆

 

特に今年始めたことは、この先10年の軸に

なってゆきますので、新しいスタートを切

るにはもってこいの年になります!(^^)

 

また、何気なく考えたり、フッと思い付い

たことは、守護存在からのキーワードの可

能性もありますので、軽く流さずにチャレ

ンジしてみたり、掘下げてみると思わぬ展

開や発展があるかもしれませんね。

 

2019年を新しい時代の幕開けの年と考え

て、ワクワク楽しみながら、積上げてゆく

と、今まで感じたことのない自身の世界を

築けるかと思います☆(^^)☆

 


☆クリックしてね☆

時流

このところ新年会が続き、いくつか参加

をしてきました。久しぶりに会う人々と

話をすると、同世代が考えている事は皆

同じなんだなぁ〜と実感!(^^;)

 

というのも、フリーの立場で生きてきた

人間にとっては、スマホの登場によって

急激に変化した社会に、いかに対応して

いくか?が課題となっている感じです。

 

サラリーマンなど会社に属する人々にと

っても、社会の変化に対応する能力と努

力は当然必要ですが、フリーの場合は身

一つで社会の荒波に立ち向かわなければ

ならないので、まさに今これからの身の

振り方をそれぞれが選択する時期…とい

ったところでしょうか?(@@;)

 

選択項目としては…

1)新規開拓をする

2)独自性・オリジナリティーを強める

3)単価を下げる

4)人材育成

5)副業をする

6)その他

 

1)については、まさに新たなる挑戦!

今まで培ってきた技術が通用しなくなっ

たのであれば、今の時代や自身の年齢に

見合った生きる道の模索ですね。

 

2)今までの経験を踏まえた上で、作家性

やオンリーワンの技術を追求したり、掘

下げてブランド力を上げる。

 

3)値段を安くして、今までの仕事を引続

き行い、年金を受給できる年齢になるま

でなんとか持ちこたえさせる…。(^^;)

 

4)教育者となり、次世代に基礎的な技術

を伝える。

 

5)副業もある意味新規開拓になるかもし

れませんね?

 

6)世捨て人とか、その日暮らしで気まま

にい生きる…とかでしょうか?(^o^;)

 

私の場合は、1と2を合わせた感じの方法

を模索しております。

 

昨年、中国とNYへ2度の渡航を経験して、

語学の必要性を強く感じたため、英会話

の勉強を始めようと本を購入しました。

すると先日、新年会のビンゴ大会の景品

で『ポケトーク(音声翻訳機)』をゲット!

あまりのタイムリーさに驚きましたが、

目指す方向性が間違っていない事に実感を

しつつ、守護存在に感謝☆笑(^^;)

 

また、スマホのバーチャル(仮想)世界に対

して、現実世界の表現や手作業の価値が再

評価されたり需要が増えるかと思います。

そのため、昔使っていたミシンを引っ張り

出したり、ロックミシンを購入して、グッ

ズのサンプル作りなどを始めたり…。

 

2月10日までは、金銭的な問題やテーマで

最後の滑り込みがあるかと思います。

今後の仕事の展開などで悩まれている場合、

今が結構重要な岐路かもしれません。

なので、他人や周囲任せにせずに、今の時

期に自問自答や模索をご自身のできる限り

を尽くして、方向性を見出すのがよろしい

かと思います☆

 


☆クリックしてね☆

丑寅/艮(うしとら)

丑寅/艮(うしとら)といえば『鬼門』を

意味しますが、1月→丑月・2月→寅月と

いうことで、1月〜2月は鬼門の月となり

ます。

 

鬼門は鬼が出入りする方角とされ、古来

より忌むべき方位とされてきました。

ただし、旧暦の1月1日は今でいう2月の

節分あたりになりますので、今時分は旧

暦でいうところの年末あたりですね。

 

1月〜2月は寒さのピーク月になりますの

で、体調を崩しやすかったり、持病が悪

化したり、家にこもりやすいため、気分

的にも停滞しやすくなります…。

 

人の脳は、夜はマイナス思考になりやす

いため『物事を考える時は昼間が良い』

とされていますが、1月〜2月は夜の時間

が長いため、思考も悪い方へ悪い方へ…

と考えやすくなるようです。(^^;)

 

これらを考慮すると、1月〜2月は魔が差

しやすい時を鬼門時期と称して、節分や

なまはげなどの行事によって、昔の日本

人は厄払いをしたのだな〜と思います。

 

私が1ヶ月ほど患っている咳も、体を温

めると気道が広がるためか?咳がピタッ

と止まるため、今はモコモコに着ぶくれ

た状態で毎日過ごしております…。(^^;)

 

しかしながら、先日異常に気分が落ち込

んだ日がありました。幸いB型な私は、

どんな嫌なことでも一晩眠れば大抵のこ

とは忘れるため、次の日はいつものマイ

ペースな気分に戻りましたが…。

いわゆる『魔が差す』とは、こういう心

理状態を言うのだと実感した次第です。

 

運気を見てみると、確かにその日は気分

が落ち込みやすい日ではあったのですが、

珍しく気持ちが後ろ向きになり、こうい

った心の状態でふと思いがけない行動を

とってしまうと、後で取り返しがつかな

い事もあるのでしょう…。(汗)

 

実は人の体には、割と簡単に別の存在が

ふっと入りやすいようで、マイナス思考

の時や強烈な自己否定をしている場合は、

特に良くないモノを引き寄せやすかった

り、別の存在につけこまれたり、体を乗

っ取られやすいようです。(^^;)

 

その状態を『魔(鬼)が差す』と称したよう

で、時期は1月〜2月、時刻は午前2時

〜4時、方角は東北…は寒さや暗さの影

響を受けやすいため特に注意が必要とし

たのかもしれませんね。

 

気持ちが沈みやすい今の時期の対応策と

しては…

・最短でも10分は太陽の光を浴びる

・適度な運動をする

・外出をする

・美味しいものを食べる

・笑う

・楽しく感じることをする

・ゆっくりお風呂に浸かる

・人と会話をする

・夜に不安を感じる考え事をしない

といったところでしょうか?(^^;)

要するに、できるだけ楽しい気持ちにな

るよう心がければ良いということで!(^^)

 

魔(鬼)を寄せ付けない心と体で、冬の寒

さを乗り越えてゆきたいですね〜☆

 


☆クリックしてね☆

思考の時間

年末からずっと咳き込みが続いるのです

が、原因には心当たりがありまして…。

それは風邪ではなく、ある意味警告のよ

うなものなので、咳き込みが完治するま

で自問自答を繰返して、その答えや方向

性を体や無意識に刻み込む必要があるの

では?と感じております。(^^;)

 

個人的には、体調が思うようにいかない

時は、一度立ち止まって考えるための大

切な時間…と考えております。もしくは、

上(守護存在)の方々との作戦会議の時

間かもしれません。(^^)

 

年末年始に風邪を引いて寝込みやすいの

も、節分からスタートする新年に向けて、

また行動的になる春に向けて、ゆっくり

思考する時期にはもってこいのタイミン

グかもしれませんね…。

 

2019年は、『9』の数字が象徴する知

恵・知識・知能・学問がキーワードにな

ってくるかと思います。

 

高学歴であっても社会に適応できない人

もいる反面、学生時代の成績はイマイチ

でも、社会の適応能力が抜群な人もいら

っしゃいますね。

 

私の場合、一応大学は出たものの(美大

ですが…笑)社会に適応できずに、フリ

ーとしてなんとか社会の隅っこで生息し

続ける事ができたのは、経験値をそれな

りに上げてきた結果だと考えております。

 

社会に適応できなかった理由としては、

世の中の競争意識に対して疑問を感じた

り、馴染めなかったことも一理あります。

 

人間は競争をしたがるタイプの方々が圧

倒的に多いようなので、人と比較しない

タイプは少数派のようです。

元々、地球上自体が、野望や欲望や争い

が渦巻きやすい場所のようなので、少数

派は生き辛い感じですね…。(^^;)

 

競争したがる人は欲も強いタイプが多い

のですが、2019年は知能や知識が絡む

争いが増えるようです…。IT関連や投資

話の詐欺被害などは要注意ですね。

 

『悪人は善人を知っている、善人は悪人

を知らない』という言葉があります。

悪人は人を騙すために、用意周到に研究

し、悪人は善人を勉強する…とのこと。

 

日本において詐欺被害などでは、『騙す

方が悪い』とされますが、海外の場合は

『騙される方が悪い』という意識の方が

圧倒的に多いです。

 

日本社会において『性善説』(人間の本質

は基本的に善である)が一般的なため、

初対面の人に対して『悪人』と感じる事

が少ないかと思います。

 

しかしながら、近寄ってはいけない人や

場所に出会ってしまう場合もあります。

そういった場合、危機管理や対応できる

能力は必要だと感じます。

 

「あれっ、何か変!」と違和感を感じた

場合は、自身が危険信号を察知した状態

ですので、違和感をほおっておかずに、

原因を追求をしたり対応や対策をして安

心できるまで警戒を怠らないのが良いで

すね。

 

2月10日までは、特にいろいろと滑り込

んできやすい時期ですので、もろもろご

自愛くださいませ。(^^)

 


☆クリックしてね☆

2019年

明けましておめでとうございます!

今年もゆるい更新で恐縮ですが、気まま

にアップしてゆこうと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。また

お立ち寄りいただけましたら幸いです☆

 

毎年恒例のセリフですが(^^;)、四柱推命

の暦的には節分あたりが旧暦の新年にな

りますので、2月10日までは2018年の

最終月だと考えて行動される事をお勧め

いたします。

 

2018年は経済や金銭的に問題定義が起

きる年回りで、特に2月10日までは滑り

込みや総決算の時期になります。お金が

らみの問題やトラブルの決着がつきやす

いとか、答え合わせなどが起こりやすい

感じですね。(^^;)

 

私個人的にも、いろいろと金銭的なトラ

ブルに巻き込まれてしまいまして(^^;)、

この年末年始は自問自答の繰返しをして

おりました…。(実際に自分が損害を被っ

たとかではないのですが…^^;)

 

ある程度、自分の中で方向性が見えてき

たため、後はやるべき事を出来るだけこ

なして2月10日までに答え合わせかな〜

なんて思いながら、新年初のコンビニで

買い物をしたところ、合計金額がゾロ目

の『666円』!!! (^o^)

6が3つでミロク(弥勒)とは、新年早々

縁起の良さに驚き、自分の考えが間違っ

いないというメッセージを上からいただ

いた気持ちになりました☆☆☆

 

※弥勒(菩薩)とは、遥か未来に慈しみに

 より生あるものすべてを救うとされる

 菩薩です。

 

どんなに占いの知識があっても、最強の

超能力を持っていたとしても、自分のこ

とや家族のことが一番分からなくて、あ

えて分からない仕組みになっているのが

この世の中のようです…。(^^;)

 

かの有名な超能力者であるユリゲラーで

さえ、石油や水脈の場所をガンガン引当

て大金持ちになっても、昨日脱ぎ捨てた

靴下の場所は分からない…という逸話も

あります。(笑)

 

ユリゲラーでさえ、自分のことが分から

ないのですから、多少占いをかじった程

度の私が自分のことをこなせないのは当

然…ということで納得!(^^)

 

そのため、自分の身近なことを知るため

には、他者の目や環境を通すことが必要

なようですね。『人の振り見て我が身を

直せ』といったところでしょうか?(^^;)

 

周囲に登場する人々は、どんな人であっ

ても必ず出会いに意味があります。

優しい人には優しく応じて、嫌な感じの

人には自身の行いを擦り合わせて、自分

も周囲の人に同じ思いをさせていないか?

自問自等をして今後の行動を気をつけて

みるとか?

 

また、危ない人や危険な場所には近づい

てはいけない!というセキュリティー感

覚を上げるための出会いもあります。

 

人それぞれ人生の学びにおいて、良くも

悪くも生きる場所やテリトリーがありま

す。その場所から外れすぎると、自分ら

しく生きられない…と感じることも多々

ありますので、正しい自分の居場所を見

つけることも重要かと思います。

 

2018年は経済や金銭で振るいにかけられ、

自身の新しい居場所を見つけたり再確認

をしたりで、2月11日以降から2019年の

本格スタートが始まる感じです。

 

今年2019年は新しいモノが生み出され

たり、創り出される年になりそうです☆

年号も新しくなりますので、クリエイテ

ィブで独創的・革新的なモノが脚光を浴

びそうですね!

 

古いモノは温故知新で、新しく生まれ変

わりにより引続いてゆくことも可能です。

いずれにせよ、時代の流れが加速しやす

ため、立止まることはできない感じです。

 

『9』の数字が象徴する知恵・知識・学

びによって、新しい時代や文化を切開く

といった対応が必要になりそうですので、

今年は特に意欲的に行動するのが良さそ

うですね〜☆(^^)☆


☆クリックしてね☆

7と11の倍数年齢

人生を振り返ってみると、ターニングポ

イントになった年や衝撃的な事件が起こ

った年って人それぞれありますね。

 

カバラ数秘術的には神懸かり(奇跡)が起

起きやすい数字があります。

それは7・11(他ゾロ目の22・33…)

なのですが、7や11の数字が絡むと人

知を超えた出来事が起こりやすいですね。

 

セブン・イレブンというコンビニチェーン

がありますが、コンビニ業界では世界一だ

そうで、名前からも特殊な力を得てるのか

もしれません…。(^^;)

 

宇宙的な法則で、『想念は3.5の日・月・

年後に表に出る』という話があります。

そのため、思った事や願い事は叶うまでに

時間差があり、最短で3.5日後、その次に

3.5か月後、さらに3.5年後…という順序で

表面化しやすいようです。

 

また、病気なども3.5日後に発症したり、

3.5日後にぶり返す事が多いため、病院で

は3.5日×2の一週間分の薬を処方している

そうです。

 

3.5×2→7というのも興味深いですね!

思い(想念)を発して3.5日を2回繰返すと

一週間が経過…という感じでしょうか?

そうすると、発した思いが一週間の間に

いろいろな展開を起こしそうです。(^^)

 

年齢的に考えると、物事の展開が分かり

やすく表面に出るのが7・11の倍数なの

では?と感じます。

7の倍数年齢→7・14・21・28・35・

42・49・56・63・70・77・84・91…

これらの7の倍数年齢の時期は、転換期

になりやすかったり、人生の中でも衝撃

が起きやすいとか、人格形成に強く影響

を及ぼす出来事が起きやすいようです。

 

例えば、7歳→小学生の頃、習い事を始

めたとか、初恋や友達の思い出とか?

14歳→思春期の頃、いわゆる中二病の時

期で精神年齢が止まりやすい時期…(^^;)

21歳→就職活動や将来設計を考える時期

28歳→結婚・出産・転職を考える時期

35歳→結婚・出産・転職を考える第二期

42歳→体調にトラブルが出やすい、体力

低下や老化現象を実感しやすい

49歳→更年期時期、体調にトラブル・体

力低下を実感しやすい第二期

56歳→将来や老後を考える時期

63歳→将来や老後を考える第二期

といった人生の流れでしょうか?

 

こう見ると、中年になっても中二感覚の男

性や永遠の28歳と自称する女性も多々い

ますで、結構当てはまるのでは??(^o^;)

 

また、11の倍数年齢(ゾロ目歳)→11・22・

33・44・55・66・77・88・99…

これらゾロ目歳は良くも悪くもアップダウ

ンが激しい波乱な出来事が起きやすい時期

のようです。

 

私も22歳は交通事故に3回遭いましたし、

33歳は母親が亡くなった上に病気で体が

ボロボロだったので、まさに散々(33)な年

でした…。(ToT;)

 

晩年のゾロ目歳66(緑寿)・77(喜寿)・88

(米寿)・99(白寿)はおめでたい年齢とされ

ますが、昔の平均寿命50歳から考えると

88歳や99歳は奇跡の人や生き神様だった

でしょうね〜。(^^)

 

嬉しい事も辛い事も含めて実りある人生で

すが、転換期などはインパクト大な事件が

起こりやすいので、心の準備も含めて対応

をされると良いかと思います☆(^-^)☆

 


☆クリックしてね☆

善悪

TVは民放の音のトーンが苦手なようで、

気がつくとBSも含めてNHK系列を見る

事が多いのですが、中でも気に入って

よく見ているのがEテレの『100分de

名著』という番組です。

 

タイトル通り、名作を紐解いて詳しく

解説している番組なのですが、自分で

はすすんで手にしないであろう書籍が

取上げられるので、読書をする上で参

考にしております。(^^)

 

先日は17世紀オランダの哲学者スピノ

ザの著書『エチカ』を解説しておりま

した。(大抵の人は数ページで挫折す

るようで、私も即眠りそうな本…^^;)

 

しかしながら、解説が面白くて引き込

まれたのは、スピノザの『善悪』に対

する定義でした。言われてみると、善

悪の価値観は人それぞれですね…。

 

人間にとって『善→喜びの感情を高め

るもの』だそうで、『悪→悲しみや苦

しみを感じるもの』というのが基準の

ようです。

 

食に例えてみると、美味しくて体の栄

養になるものはまさに『善』ですが、

美味しいけど量が多すぎて体調を崩す

してしまうまで口にすると『悪』にな

りますね。(ジャンクフードやお酒など

でしょうか?)

 

また、不味くても結果的に体の栄養に

なるものは『善』(良薬口に苦しですね)

で、不味くてさらに体調を崩すもの

(腐った食物など)は『悪』というこ

とになります。

 

行動において、自分が楽しいと感じる

もの→『善』のものは、活動能力が高

まりますし、さらに喜びが増して、上

達も早まります。逆に、辛いと感じる

もの→『悪』のものは、活動能力が下

がり、気持ちも沈みます…。(^^;)

 

例えば、勉強が嫌いな子供に強制的に

長時間勉強をさせても、学習能力は上

がりにくく、結果も出にくいようです。

もしその子が運動が得意なら、いろい

ろな運動やスポーツに挑戦させた方が、

本人も楽しくて、能力もガンガン高ま

りますね。

 

そのため、仕事などを決める判断材料

としては、自分にとっては何を楽しい

と感じるか?→『善』に繋がるもので

ないと結果的に続かないようです。

 

「自分が何に向いているか分からない」

という言葉をよく耳にしますが、自分

が何をしていると楽しいと感じるか?

いろいろ試して経験してゆくしかない

かと思います。

 

しかしながら、人間にとっては『善』

だけではダメで、『悪』も含めてバラ

ンスをとる事が重要になります。

楽しいからといって運動ばかりしてい

て勉強をおろそかにすると、社会には

適応できなくなりますし、美味しいも

のばかり食べ過ぎても病気になってし

まいますね…。(^^;)

 

人間にとって理想の善悪の比率は、

『善:悪→8:2』でしょうか?

このぐらい楽しく嬉しい感情で毎日を

過ごせると、本来の能力も引き出され

て人生が劇的に変わりそうですね〜☆

 

私の普段生活的には、善:悪→6:4

ぐらいでしょうか?(^^;)まあまあ、楽

しく生活していると思いますが、不満

やストレスもいろいろありますね…。

 

宇宙基準的には、『善→創造性・クリ

エイション』で、『悪→破壊・他者が

恐ることを喜ぶもの』だそうです。

 

人間にも『他者を恐れさせて喜ぶ』と

いう気質が残っていますね…。(^^;)

その気質が強い人は、悪い事を楽しん

でしてしまうようです。そうすると、

結果的に『悪』として成功します。

 

今のメディアの情報は、ほぼ『悪』と

いった感じでしょうか?(^^;)TVで、

若い美男美女を映し出してもてはやす

のは、自身と比較してガッカリさせる

ため。健康番組などは体調に対してや

将来の体に対しての不安を煽るため。

報道番組は世の中や経済に対して不安

にさせるため…とも言われております。

 

広告業界やメディア等の仕事もしてい

ると、TVの映像は現実っぽく見せた

ファンタジーだな〜と実感します。

TVやネットなどの情報は基本は『悪』

として、他者を恐れさせて喜ぶ人が制

作・提供している…と考えると、離れ

るのがよさそうですね。(TV番組を紹

介しておいてなんなのですが…^^;)

 

辛く悲しい事さえも楽しめるようにな

ると、善の比率が上がる→人としての

性能が上がる…のかもしれませんね。

まだまだ、その境地には遠い道のりで

すが、日々自問自答を繰返して思考を

導き出してゆく感じでしょうか?(^^;)


☆クリックしてね☆

欲と毒

2018年も残すところあと1ヶ月となり

ましたね。(早っ!^^:)

今年はカバラ数秘術の『8』の数字/

経済・金銭を巡る動きが大きな年ですが、

消費税10%引上げや2025年大阪万博が

決まったりなど、今後の経済を左右する

大きな決定事項が発表されております。

 

また、日産の元会長カルロス・ゴーン氏

が金融商品取引法違反で逮捕され、連日

メディアで騒がれております。金銭面で

積重ねてきた行動が、良くも悪くも露呈

しやすい時期ならではでしょうか?

 

私の周囲でも、金銭欲が強い人達はこの

ところ特にふるいにかけられてるなぁ…

と実感しております。(^^;)

 

人間の生理的欲求は、食欲・睡眠欲・

性欲(生命維持のためには排泄欲が優先)

と言われておりますが、そこに社会的欲

求の金銭欲・権力欲・承認欲等が加わっ

て言動を司っています。

 

欲自体は人が生きるために必要な感覚で

すし、社会的な欲がないと向上心も無く、

人間らしさも失われますので、人間性に

とっては大切な感性ですね。

 

しかしながら、過ぎたるはなんとやらで、

強すぎる欲は端から見ていて違和感を感

じますし、対人関係で問題を起こしやす

いです…。(^^;)

 

食欲や睡眠欲は自己完結できますので問

題は起きにくいですが、性欲や金銭欲等

人間関係で発生する欲は、強すぎると人

格や言動にも問題や悪影響が出てきます。

 

人が欲望を露骨に出す姿は美しくないで

すし、見ていて気持ちが良いものではな

いですね。(^^;)

しかしながら、欲が抑えられない人達が

増えてきているのでは?と感じます。

自分が40代中ばという年齢になったため

かもしれませんが。

 

というのも、幼い頃から持っていた欲求

が、年齢とともに満たされて、それなり

に解消されてゆくと、強力な欲望にはな

らないかと思います。

しかしながら、抱えている欲が満たされ

ないまま年を経ってゆくと、欲が蓄積さ

れて自分でもコントロールできないほど

の欲望になってしまうのかもしれません。

 

またコンプレックスや劣等感から欲望が

発生している場合も多いようです。

ゴーン氏もブラジルで生まれ育ってから

移民としてフランスで生活をしている環

境を考えると、人格的に強いコンプレッ

クスを抱えやすい状況だったと思います。

 

共通しているのが、40歳を過ぎて欲望が

加速(暴走)している人と会話をした後、

もの凄くぐったりするのです…。(^^;)

ひどい人の場合、会った日から3日間程

体調を崩す場合もあります。

 

もしかすると、欲は抱えすぎると時間経

過とともに腐敗して毒になるのかもしれ

ませんね…。なので、欲の強い人は大抵

毒も強いです。(汗・汗)

そして、若い人よりは毒を溜め込む期間

の長い年配者の方が、必然的に毒が強く

なります…。(^o^;)

 

近年はSNSが人々の承認欲求を増幅させ

ているようで、 LINEやメール等のデジ

タル文面においても毒を感じたり。(汗)

先日知り合った方は、実際にお会いする

とおちゃめで親切な人なのですが、デジ

タル上の文章だと、高圧的で意地悪にな

るという『デジタル悪人』というタイプ

で、驚きました!(笑)

 

欲や毒が強いタイプは、本人自身が本能

(欲望)のままに動いているため、ゾン

ビと同じ状態です。(^^;)

したがって、周囲の人が説得などで治せ

るものではないので、上手く逃げるか

かわすしか方法はないようです…。

 

さらに、年とともに脳のストッパーが緩

むと、欲と毒が加速するので、他人なら

逃げられますが、身内は大変ですね。(汗)

 

年をとっても、周囲の人々に迷惑をかけ

ない程度の欲で、人生を楽しみたいもの

ですね…。(^o^;)


☆クリックしてね☆

美意識

近年、グローバル企業が幹部候補生達を

アートスクールで学ばせたり、美術館に

通わせるなどして美意識を鍛えている…

という話があります。

 

以前の企業にとって重要な要素は、

「分析」「理性」「論理」といった科学

的・左脳的な思考とされていました。

私が就職活動をした時も(20年以上も前

ですが…^^;)、文系よりも理系の方が有

利でしたし初任給も高かったですね〜。

 

しかしながら、今は時代のニーズが複雑

になりすぎて、論理的思考よりも直感や

感性といった右脳的な思考が重要視され

つつあるようです…。

 

『偏差値は高いけど美意識が低い人達』

がリーダーとなって戦後の世界や日本の

社会を築いてきた…という目線で振返っ

てみると、現代社会の問題点も浮彫りに

なりやすいですね…。(^^;)

 

戦前の日本では、お金を持っていても教

養や文化的知識がないと、人々から尊敬

もされず、トップにも立てなかった上に、

『野暮』だと蔑まれていました。

 

戦後のアメリカ的思考が、現在の日本社

会の基盤になった結果『野暮でも賢い金

持ちが偉い!』という発想になった感じ

でしょうか!?なんだか残念…。(^^;)

 

私の場合、美術高校・美大卒でずっと描

く事を生業にしているため(それはそれ

で思考が偏っていますが…汗)、美意識的

にひっかかるものはどうしても受け入れ

られなかったり、特に違和感を感じやす

いのかもしれません。

 

美意識というのは、バランス感覚だと思

います。『美しいモノ→バランスが良い』

という感じで、色彩的に美しいモノは

暖色と寒色の配分が適量だったり、形が

美しいモノは黄金比でできていたり。

 

また、理屈では説明できないけど感情に

訴えかける何かがあるのも芸術ですね!

美味しい料理・素晴らしい音楽・情緒的

な詩等、目には見えない数字には表せな

い感覚が人間には必要だと実感します。

 

芸術の世界だけでなく、計算し尽くされ

た結果に生み出された製品の設計やデザ

インも美しいと感じる事が多いですね。

『美しさ→正しさ』という説もありで、

正しい数式・公式は美しいとされます。

 

逆に、間違ったモノや偽物は美しくなか

ったり、違和感や不信感を抱きやすかっ

たり…。MADE IN CHINAでよく見る

偽物は、本物に比べて美しくなかったり、

雑だったり、安っぽく感じますね。(^^;)

(偽物のキャラクターやブランド等)

 

人が違和感を感じるモノは、やはり偽物

だと思って間違いないですし、本物を知

ると偽物の違和感を感じやすくなります。

なので、見た目や会話で違和感を感じる

人も、『偽モノ』だな〜と思ったり…笑。

 

人の場合、日本では若い美男美女がもて

はやされる傾向にありますが、『美しい

→正しい』という思考もありますので、

ある意味仕方がないのかもしれません…。

 

しかしながら『30歳までの顔は親の責任、

30歳からの顔は本人の責任』という言葉

を聞いた時に、確かに生き様で顔の美醜

や体型のバランスは変わるなぁ…と妙に

納得してしまいました。(^^;)

 

知合いの某女性は、若い頃に抜群のルッ

クスで、仕事もお金も恵まれていて、常

に男性にモテて取囲まれておりました。

先日偶然にお見かけしたところ、ご病気

をされたのか?面影はあるのですが、

ゲッソリと痩せすぎた上に、若干怖さを

感じたため、目も合わさずに思わず逃げ

てしまいました…汗。

 

闇属性の女性でしたので、彼女に何が起

こったのか?は大体予想がつきますが、

別人のように変わってしまった容姿に本

当に驚きました…。(;^^;)

 

人の場合は、本当の意味での本物か否か

の評価ができるのは、30歳以降の生き様

によるのかもしれません。

 

美意識は、多くの美しいモノや芸術に触

れほど感性は磨かれますし、心眼も養わ

れると思います。仕事の面でも、充実し

た人生を送る上でも、美意識を高めるの

は良さそうですね〜☆


☆クリックしてね☆

表口よりも裏口!?

先日、アメリカNYから帰国…。

ここしばらく疲労と時差ボケと溜まった

作業に追われて放心状態が続いてました

が、ようやく心が落ち着きました。(^^;)

 

NYはちょうど20年前に行った事があり、

今回の渡米はいろいろな意味で総決算か

な?とも思いましたが、期せずしてハロ

ウィン時期という事もありで、NYは確実

に闇のパワースポットだと実感!笑

 

↓写真はNY中心地の有名なタイムズス

クウェアという場所で、派手な電光掲示

板に埋め尽くされていて、一見ワクワク

はするのですが、周囲の店舗はほぼ観光

客用のチープな物(飲食含む)のみの取

扱いで、正直残念な感じ…。(^^;)

『I♡NY』のロゴが入ったグッズを買う

気にもなれず、お土産はドラッグストア

で購入した格安のチョコレートとサプリ

メント…。(^^;)

 

チョコレートとサンドイッチは、割と何

処で購入しても美味しかったです☆

しかしながら、物価が東京に比べて1,5

〜2倍の値段なので、この場所での生活

は大変そうですね〜。(@@;)

 

NYでの活躍を夢見て、ブロードウェイの

俳優、ミュージシャン、アーティスト等

志望の日本人の話をよく耳にしますが、

大抵は挫折して帰国…というパターンと

いうのも凄く頷けます!

 

というのも、表口(正面口)が非常に狭

い場所なのです。多少の才能があったと

しても、下積みを重ねても、入口があま

りに狭いので、ほぼ埋もれてしまいます。

 

本気でチャンスを掴みたいと思うなら、

カネとコネを駆使するしかない感じです

ね…。(^^;)今回、友人のイベントの手伝

いだったのですが、現地のコーディネー

ターの方に「次のステップアップを目指

すのであれば、300万円の出展料で某イ

ベントに参加が可能です。世界中のギャ

ラリーのオーナーに注目されているので、

チャンスを掴みやすいです!」とのこと。

 

アート系は、こうしたイベントに参加し

て名前を売っていくのがNYでの基本的

なステップアップの方法のようですが、

嘘の情報や詐欺被害に遭うアーティスト

も多いとのこと。

 

今回お会いした日本人彫刻家の方は、

イベント参加のため、NY在住の日本人

弁護士に書類の作成を依頼したところ、

その弁護士が詐欺師で、めちゃくちゃな

書類を作成された上、音信不通になり、

約100万円を騙し盗られたようです。

 

その詐欺弁護士は業界では有名なようで、

海外での成功を夢見る日本人アーティス

トをカモにしているとのこと…。

NYでは『騙される方が悪い!』という

場所なのですが、日本のアート業界には

そこまで悪質なタイプはいないので、

さすがアメリカだと実感!!(^o^;)

 

NYのどの業界でも、ステップアップに

はかなりの大金を積まないとチャンスに

恵まれない感じですが、裏技としては、

裏口狙いでゆくの良さそうです…。(^^)

 

コネやトップダウン狙いと言いますか、

表口はかなり閉ざされているのですが、

人の紹介で裏口から入ると、案外スーム

ズだったり、思わぬ展開があったりなど、

チャンスを得やすい感じです☆

 

日本でも狭き門と言われる業界はいろい

ろありますが、受験以外は表口(正面)

を狙わずに裏口から入る方法を考えると、

チャンスを掴みやすいと思います。(^^)V

 

仕事の発展のための地道な努力も勿論大

切ですが、今はSNS等でいろいろな人と

出会うチャンスがありますので、そうし

た出会いや人脈を駆使して、今後の発展

や展開を目指すのも重要かもしれません。

 

今年は期せずして、中国とアメリカとい

う現在世界経済を牛耳るツートップの国

を見る事になったのですが、どちらの国

も日本人の私から見ると、裏側が雑だっ

たり薄っぺらかったり…で、このレベル

で世界トップとは!?と、正直驚きました。

 

日本人は自国の気質や文化に自信を持っ

て良いと思いますし、これからも独自の

価値観で突き進んで行くと、自然に世界

から注目される存在になりそうです☆

 

闇世界を見るのが大好きなダンナさんは、

NYのお土産を見て「このチープさや雑さ

がたまらない!」と喜んでいましたので、

闇系の世界に憧れる若者や闇気質の方に

は楽しいワールドなのかもしれません。

 

人それぞれのパワースポットがあります

ので、闇好きの方にはNYはエネルギー

充電できる場所のようですね〜。笑


☆クリックしてね☆