不思議な出来事に遭遇したら、ブログに綴っております。(^-^)
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
問われる進化

今、私の周囲では、人の振り分けが激しく

なっております…。(^^;)

 

過去にどんなに素晴らしい実績を持ってい

たとしても、次に向けての新たな進化を目

指そうとしない人や、努力を拒む人とのご

縁が次々と切れているのです…。

 

進化とは、ほんの一歩ずつでも紙一重の差

でも前に進もうとする意識なのですが、過

去の栄光にいつまでも浸っていたり、楽を

して何かを得ようとする人達は、そのほん

のわずかな努力でさえも向き合おうとはせ

ずに、その場に立ちすくんでしまいます。

 

そうして立ちすくんだ人達は皆、お金が無

くて困っています…。

そういった困った人達の何かお役に立てれ

ば…と思い、生年月日を拝見して現状打破

する方法を提案してみたりするのですが、

結局のところ本人のやる気次第なので、

上手く状況を切り替える事ができる人は、

残念ながらほぼおりません…。

 

もともと、進化し続ける事ができる人達は、

長期的に仕事が無くて困ったり、お金が無

くて困ったりする状況には陥らず、ピンチ

になったとしても、必ず救いの手が差しの

べられて間一髪で上手く切り抜けています。

 

また進化できる人達は、後ろのスタッフさ

ん達(ご先祖様や守護存在)も結構気合が

入っている場合が多くて、ピンチな時ほど

チャンスに変える出来事を降らせている感

じです!(^^)

 

基本的に、現状のサバイバルを生き残れる

人達は大きく分けて3パターンです…。

(1)抜群の知能指数を持つ天才タイプ

(諸葛亮孔明・シャーロックホームズレベ

 ルの圧倒的な頭脳の持ち主)

(2)多少ガンコでも、裏表無く真面目に仕事

 に向き合うタイプ

(3)誰からも信頼される気立ての良いタイプ

 

(1)のタイプは本当に稀なので、ほとんどは

(2)か(3)タイプで生き残りを目指す感じにな

りそうです。ちなみに、私の場合は気立ては

良くないので、(2)のタイプで真面目に仕事

と向きあっております…。(^^;)

 

特に大きな成功を目指さなくても、コツコツ

積み重ねれば結果はついてくるものですね!

いきなり大きな夢を叶えようとすると挫折し

てしまう場合も多いので、逆に小さな成功を

積み重ねていった方が、結果的には大きな夢

を叶えられるようです。(^^)V

 

また、努力というよりは、新たな挑戦や試行

錯誤を楽しんで行える人達は、活気があり、

確実にサバイバルを生き残れるタイプです!

たとえ失敗したとしても「あ〜やっちゃった、

まあ後でなんとかなるか…笑」と楽天的に捉

えられるタイプも、ピンチをチャンスに変え

られるタイプですね。(^^)

 

どんなピンチな状況になっても笑い飛ばしな

がら、知恵を絞って切り抜けられる人が、本

当の意味で強い人だと思います。

 

私もまだまだ、そこまでの境地には程遠いの

で、不器用ながら真面目に仕事と向き合って

積み重ねてゆきたいと思います。(^^;)

 


☆クリックしてね☆

裏側の気遣い

先日念願だった中国/長安にある兵馬俑を

観てきました!(^o^)

中国古代史において、長年都として多くの

皇帝が政治の中心とした重要な場所になり

ます。そのため、沢山の古墳や遺跡が出土

するのですが、中でも兵馬俑は今も次々と

遺物が発掘される現場です。

 

その昔シルクロードの時代から西洋と東洋

の文化が混ざり合う場所とされていますが、

現在でもヨーロッパ・インド・中近東など

あらゆる国の人々が観光に訪れていて、長

安は大変活気のある都市でした!

 

以前の中国のホテルは、大変日本人には不

人気で、中国の5つ星のホテルが日本の3

つ星ホテル並み…と言われていたのですが、

北京オリンピックでホテルのレベルがグン

と上がり、今は中国のホテルは当たりが多

いとされています。

 

今回宿泊したホテルは4つ星だったので、

正直あまり期待していなかったのですが、

下手な日本のホテルよりも綺麗な上にハ

イテクなセキュリティで驚きました!

 

街並みもすごく華やかで綺麗で、ご飯も

何を食べても美味しくて、中国の勢いの

凄さをひしひしと感じた次第です☆

 

しかしながら、中国がどんなに経済で勢

いをつけても、国として発展を遂げても、

残念ながら世界の中心国になるには根本

的な問題があるという事を実感しました。

 

それは、全てにおいて裏側が雑なのです。

人目につく場所や表側は大変豪華絢爛で、

中国の人々は派手好きなんだな〜と感じ

るのですが、一歩裏通りに入ると、ゴミ

が散乱していて、あちこちから異臭や怒

鳴り声がするのです…汗。

 

ホテルも素晴らしいにもかかわらず、下

水事情が悪くて、使用したトイレットペ

ーパーをトイレに流せず、ゴミ箱に入れ

なければならなかったり…。

 

基本的に公共のトイレには、備え付けの

トイレットペーパーは無く、ティッシュ

ペーパーを持ち歩かなくてはなりません。

というのも、トイレットペーパーを備え

付けると全部盗まれてしまうとのこと。

 

トイレットペーパーが無いぐらいはまだ

いい方で、公共のトイレでも戸も水洗も

基本的に無く、開けっぴろげで隣の人と

話しをしながら用を足す事が一般的とい

うお話を耳にしました。

 

また、ホテルの従業員が基本的に無愛想

で驚きました…。(^^;)まま、空港でも飲

食店でも基本的に皆一律無愛想ですね。

 

今回一目惚れして購入してしまった白玉

(白翡翠)の仏像があるのですが、名工

の作とのことで、お顔は見事な仕上がり

なのですが、こちらももれなく裏側が雑

な仕上がりでした…笑。

まあ、暇な時にサンドペーパーで磨いて

自分好みに仕上げようかな〜と思ってお

りますが…。(^^;)

 

日本人は、見えない所こそ大事にしたり、

気を配ったり、手を抜かない事を美徳と

しますが、物を作る上や思考において大

変重要な価値観であると感じます。

 

どんなに中国の政治家が、世界的に幅を

利かせる物いいをしても、どうせ裏側が

雑なんだろうな〜とついつい考えるよう

になってしまったり…。(^o^;)

 

現在、経済力でもって世界制覇を目指そ

うとする中国ですが、裏側が雑な思考を

なんとかしない限りは、その野望は果た

せなさそうなので、日本のメディアで騒

いでるのもそのレベルという事で、聞き

流せば良いという感じですね〜。(^^;)

 

残念ながら、裏側や目に見えない部分を

雑にするタイプは、もれなく肝心な部分

を外してしまいます…。

 

文化大革命以前の中国の場合、皇帝に献

上する品の裏側が雑な場合、制作者・関

係者の命はなかったと思いますので、古

代中国は現在よりももっと気合が入って

いたはずですね。

 

やはり『百聞は一見に如かず』で、実際

に見れば何事も一目両全だと実感した中

国旅行でした…。(^^)

 


☆クリックしてね☆

あいまいのススメ

世の中では2つのグループに分けたがる人

や、線引きしたがる人が大変多いですね。

 

白と黒、善と悪、光と闇、右と左、陰と陽、

男と女、高と低、富と貧、正と邪…など。

グループ分けや線引きをすると、仲間意識

は高まりますが、反面で対抗心も高まりま

す…。

 

そうすると、人間の気質上、自分(と属す

るグループ)は正しいが、対する相手の価

値観は間違っている…という発想になりや

すいですし、争いの元にもなります。

 

心情的に白黒ハッキリつけたい!と思う気

持ちもすごく良くわかるのですが、あいま

いなままで保留にしておく、またはあいま

いな状況や関係を受け入れると、世の中が

もう少し穏やかになるのでは?と感じます。

 

例えば、黒は闇や悪の象徴の色で、白は光

や正義の象徴の色…という一般的なイメー

ジがありますが、実際は本当にその通りな

のでしょうか?(^^;)

 

この思考を植え付けられたために、黒人奴

隷の悲劇の歴史ができたり、白人至上主義

や差別で争いが起きたり。しかしながら、

白人社会の植民地開拓時代ほど残酷で暗黒

な歴史はないのでは?と感じます…。

 

白人至上主義は、黒は悪で白は(善)正義

という刷り込みを世界的に植え付けました。

黒い生物→カラス・黒猫は不吉な存在で闇

・悪魔の遣い…というイメージがありま

すが、本当にそうでしょうか?(^^;)

 

カラスは非常に賢い鳥なので、人間として

はその知能指数に恐怖を感じます。また、

映画や小説などのミステリーのナビゲーシ

ョンキャラとして頻繁に使われるため、不

吉な展開を呼ぶ…という刷り込みをされて

しまいました。

 

少し前、うちの近所でもカラスが群れをな

して飛びまわっていたり、夜中でも沢山の

カラスが騒いでいて、何か不幸な災害の予

兆なのか!?と心配をした事がありました。

 

しかしながら、カラスの行動をよく観察し

てみると、発情期と子育ての時期なため、

気が立っていたり縄張り争いで騒いでいる

事が分かりました。そして案の定、不幸な

災害や事故も起こらず、今も平和な日々が

続いております…。(^^)

 

カラス同様に黒猫も、不吉な存在として特

に西洋文化では取り扱われますが、実際は

ただ単に毛が黒いだけで、白や茶色の猫と

何ら変わりはない…のです。

 

いかに人間社会が、黒猫→不吉というイメ

ージを作り出したかに本当に驚きます。

ただ毛の色が黒いだけなのに、黒猫ちゃん

にしてみたらいい迷惑ですね…。(^^;)

 

カラスや黒猫同様に、勝手に悪のイメージ

を植付けられた物事に疑問を感じると、世

の中の偏見や歪みがいろいろ見えてきます。

 

ご自身が感じている悪は本当に悪なのでし

ょうか?それはただの偏見やイメージで決

めつけていたり、思考を縛っていないでし

ょうか?

 

善悪、正邪で物事を決めつけずに、あいま

いなまま、意見の違う人の考えを聞いても

「そういう発想もありかもね〜」という心

持ちの人が増えてゆくと、世の中が少しず

つ変化してゆくかもしれませんね〜。(^^)

 


☆クリックしてね☆

フェイドアウトのサイン

私は長年フリーで仕事をしているため、

人とのご縁や繋がりが全て…といった状

況で仕事を営んでおります。

 

基本的に、お声を掛けて頂いたり、ご縁

を頂いた方々は、何かしら出会う必要が

あって次の展開に繋がりますので、よほ

ど怪しい雰囲気でない限りは、お仕事の

ご依頼を引き受けております。

 

そんな中で、お仕事をご一緒してゆくと、

過去の経歴やお話の内容などでアレッ?

と引っかかる部分が出てきたりします。

 

相手の生年月日が分かれば、性格や運気

が分かりますので「アレッ?」っと疑問

に感じた部分の理由が分析できますので、

様子を探りながら距離感を保ったり…笑。

 

人間は完璧ではないので、失敗もド忘れも

必ずあります。(私もどんなに気をつけて

いてもスッコーンと忘れる事が多々あり!)

なので、相手に対して疑問を感じる事が多

少あったとしても目をつぶってやり過ごし

たり…。のちに、上手なフォローがあれば

むしろ魅力的な方だと実感したり!(^-^)V

 

しかしながら、2回の「アレッ?」は見逃

しても、3回目の疑問は決定的なサインに

なりますので、その時点でその人とは距離

を取り始めて、徐々にご縁をフェイドアウ

トをしております…。(^^;)

 

そんな感じで、かなり気をつけてお仕事の

人間関係を保っているつもりなのですが、

それでも大打撃を受ける事もいろいろとあ

ったりします…爆!(@@;)

 

以前、気立てが良く、経歴や学歴もしっか

りしていて、見た目もこざっぱりで、素敵

なご家族をお持ちで、生年月日的にも面白

い男性と出会いました。中々の人脈を持っ

ていて、お話も上手なので、無条件で彼の

お仕事を引き受けておりました…。

 

最初は驚くほど大きなお仕事をいただき、

大変ありがたく感じたのですが、徐々に

アレッ?という内容の仕事が続き、のちに

プレゼンが通ればまとまって支払います…

というノルマ制のお仕事を引受けてしまい

ました…。その仕事では、結果的にプレゼ

ンは通らず3ヶ月間タダ働き…という大打

撃を喰らい、これ以上付き合ってられない!

という思いでお断りをして、以降彼とのご

縁をフェイドアウトさせました…。(^^;)

 

彼との関係の中での反省点としては、悪い

人ではないのですが、スケール(サイズ感

覚)が合わないと、仕事の規模が合わない

…という事でした。20代の駆け出しのデザ

イナー時代でしたら、スキルアップのため

にも彼のお仕事は頑張って引き受けていた

かも!?しかしながら、アラフォーの私に

は体力的に無理でした…涙。

 

他にも、出版業界の超大物の方と出会い、

ご縁に感謝しつつお仕事をご一緒した事が

ありました。しかしながら、彼の交友関係

は各業界の大物達ではあるのですが、皆一

様に怪しさを醸し出していました。(^^;)

 

疑問に感じた私は、知り合いに彼の交友関

係について質問したところ「最近あの人付

き合う相手がどんどん悪くなっている…。」

とのこと。学歴や経歴が素晴らしくても、

付き合う人々によってヤバくなるのだな〜

と実感した次第です。

 

特に男性は、元々能力が高くても、付き合

う女性によっては能力が下がります…。

その男性も、奥さん以外の若い女性を追っ

かけているようで、それで落ちていってし

まった感じでした…汗。

 

また、男女共にお金で壊れやすいので、以

前は良い人間関係だったとしても、時間と

共にお金で壊れてしまう事はありますし、

一度壊れてしまった人は、よほど頭脳明晰

でない限りは、二度とまともに戻る事はあ

りませんので、今までのご縁に感謝しつつ

フェイドアウトをオススメします。(^^;)

 

今年は特にお金&経済で人々がふるいにか

けられますので、金銭がらみで「アレッ?」

と疑問を感じるお相手がいらっしゃるなら、

しっかりとお相手を観察しつつ、今後のお

付合いを見極めると良いと思います。

 


☆クリックしてね☆

人それぞれの能力

最近日本人のスポーツ選手が海外で活躍

する姿を拝見する機会が増えましたね!

 

日本人は和を大切にする民族なので、競

争(闘争)にはあまり向かない国民性だ

とされていますが、元来器用なのとマニ

アックな学習能力、精神力や持久力を飛

躍させている感じででしょうか?(^^)

 

世界で活躍をする日本人を見ると、同じ

日本人なのになぜ自分にはすごい才能が

備わっていないのだろう…など比較して、

ガッカリ感を味わう事もあるのでは?

 

天才の才能はDNAに組み込まれたモノな

ので、一般人にとっては残念ですが諦め

るしかないのですね…。(^^;)

 

また、努力できるのも自己コントロール

できるのも才能で、備わっている遺伝子

自体が元々違うようです。そのため、憧

れて同じように努力をしても、挫折する

可能性が高いので、結果が出なくても、

自己嫌悪になる必要はないのです。

 

しかしながら、人それぞれに備わった能

力は何かしらあり、その能力を伸ばした

り仕事にする事によって、結果を出した

り成功する事は可能です!(^^)V

 

なんといっても好きな事や興味のある事

に携わるのが能力向上には最適ですね☆

『好き』という感情自体が、DNAに刻ま

れている時点で、それはすでにあなたに

とっての備わった才能です。(^^)

 

好きでも嫌いでもないが、なんとなく続

けている…というのも、立派な才能です!

続けられる環境に恵まれているという事

自体が、実は稀有な事なのですね〜☆

 

継続する上で、尊敬できる先生(師匠)

や先輩に巡り合ったり、人との出会いに

恵まれたりする(人を引寄せる)場合も、

その才能を伸ばし努めていく事が、その

人の人生の学びやテーマな感じです。

 

元々器用なタイプはさることながら、不

器用ながらもなぜかコレだけは上手い、

時間を忘れて集中できる事などは、過去

世ですでにある程の経験があって、今世

もその続きをしたり、さらに飛躍を目標

に掲げて今ここに生きているのかもしれ

ませんね…。(^^)

 

また、人との繋がりを深めるために才能

が備わった可能もあります。例えば、過

去戦国時代で戦った同志とまた出会って

魂や精神力を磨きたい…という場合は、

今世は野球やサッカーなど団体競技向き

の能力を備えて、現在チームや部活動で

仲間と一緒に楽しんだり、目標に向かっ

て皆で頑張っているのかも!?(^-^)V

 

今やりたい事が見つからない、将来なり

たい職業が特にない、という方も多いよ

うですが、気になった事や周囲の人に誘

われた事に乗ってみると、思いがけず自

身の才能を発見できるかもしれませんね!


☆クリックしてね☆

龍について

今月(4月)は辰月ということで、龍にまつ

わるお話を綴りたいと思います。(^^)

 

世界各国に龍伝説が数多くありますが、

特に日本では龍神様をお祀りする神社が

そこら中に存在し、日本人にとっては大

変馴染み深い神様(存在)になります。

 

その理由としては、日本に居着いた龍が

優しく穏やかな気質だという説があり、

それは日本の水質が世界レベルで最良と

いうことに関係しているようですね。

 

というのも、龍は海・湖・河川・滝など

水(水辺)を好む種族なのですが、特に日

本の水の波動が優しいようで、類友で気

質の優しい龍が引き寄せられて住み着い

たとのこと…。(^o^)

水質が上質であるほど格の高い龍神様が

居着いている…というお話もあります。

 

世界各国にまつわる龍伝説と比較してみ

ると、確かに世界の龍は戦いにまつわる

お話が多いですが、日本の龍伝説は『龍

の子太郎』『浦島太郎(竜宮伝説)』など

龍と共に生活をするお話が目立ちます。

 

『その土地の水質=龍の質』と考えると、

好戦的な龍の伝承が多い土地の水質は、

血気盛んで戦闘的な気性が荒い人が育ち

やすい場所であるかもしれません…。汗

 

西洋人に比べて東洋人は穏やかな気質だ

とされていますが、東洋人の中では中国

人は好戦的な要素が強いとされています。

それには理由があって、中国は古来より

西洋と陸続きで接しているため、東洋の

入口として対西洋のストッパーとしての

役割を担っていた事に由来するようです。

 

そのため古代中国では、攻撃性の強い龍

族が居着いて、中国人に戦術や知恵を授

けて、文化や歴史が築かれたとのこと。

おかげで、好戦的な西洋人の侵略に対抗

できたために、中世の大航海時代までは

東洋の穏やかな文化や歴史が育まれたよ

うですね〜。(^^)

 

残念ながら、今の中国には龍は存在せず、

過激な気質を受け継いだ人間のみで、社

会を牛耳る状態になってしまいました…。

ある意味、ミイラ取りがミイラになった

感じでしょうか!?(@@;)、それはそれで中

国の運命なのかもしれませんが…。(^^;)

 

龍にもいろいろな種族があるようですが、

中には大きな種族では体長3〜4キロとい

うというサイズの存在もいるとか!

鋼鉄よりも頑丈な鱗で覆われた体に、鳴

声はジェットエンジンのようなゴーッと

いう重低音で、口から火(電子ビームのよ

うな)を吐き、宇宙空間を自由自在に飛

び回れるようです。

 

現在、主だった龍は違う次元に存在して

いるため人間の目に触れることはできな

くなってしまいましたが、古代では人間

の前に姿を現していたようで、伝承など

が残っているのですが、体長3〜4キロ

もある巨大な龍を目の当たりにしたら、

それは神の姿だと思いますよね…。(^^;)

 

西洋人にとって、龍は悪の化身とされて

いますが、日本人には龍のDNAが入って

いる人も数多く存在し、自身の子孫を見

守り育てるためにも、今も龍の存在と共

存している状況です。

 

龍のDNAが強い人は、水辺のご縁が強か

ったり、龍神信仰のある家系だったり、

九州地方にご縁があったり、龍の姿を見

たり、龍が大好きで惹かれるなど、龍に

まつわる何らかの要素があると思います。

 

そういった龍要素の強い方は、水質の良

い場所や水辺に行くと、パワーアップし

たり、気持ちが落ち着いたり、浄化作用

が得られるようですので、定期的に気分

転換に出かけると良さそうですね〜☆


☆クリックしてね☆

土地に呼ばれる

先日、友人ご家族と一緒に滋賀県琵琶

湖の竹生島へお礼参拝に出かけました。

 

すると見事に桜が満開!🌸(^^)🌸

今春は仕事が多忙を極めたため、お花

見はできなかったのですが、お礼参り

とお花見が同時にできて、なんともあ

りがたい日になりました!✨

 

竹生島に10数年通っておりますが、こ

んなに桜が美しい場所だとは初めて知

りました…(^-^)。さらに今回のおみく

じは大吉で、いつにも増してウエルカ

ムな姫様(弁才天様)の計らいに心か

ら感謝をした次第です。

ほっこりした気持ちで東京に戻って数

日後、少し前に偶然Facebookで繋がっ

た高校・大学が同じ友人と約20年ぶり

に再会!

 

近況報告をしてると、お互い女独りフリ

ーで長年仕事をしてきた事もあり、結構

共通点が多く、大変驚きました…。(^^;)

 

「ひょっとして、滋賀県か琵琶湖に何か

ご縁はある?」と友人に尋ねてみると、

「実は10年前に琵琶湖に旅行に出かけた

時に、たまたま占い師さんに今後の人生

を診てもらって以降、人生のどん底に突

き落とされたように過酷で辛くて、ボロ

ボロになって…ようやく数年前から落着

きを取戻した感じなの…汗」とのこと。

 

「でも、それ以来なんだか妙に滋賀県や

琵琶湖が気になってしょうがなくて…」

との友人の言葉に、竹生島・弁才天様・

龍神様の説明をすると、「やっと謎が

解けたかも!?実は、ここしばらく仕事

で龍の絵ばかり描いていたの…(^^;)」

とのこと。

 

友人は学生時代から作品がニューヨーク

の美術館で受賞し、大学卒業後もアメリ

カ・ドイツ・フランス等各国で受賞&個

展を開催するなど、凄腕の工芸作家なの

です☆

 

そして昨年、自身であみ出した技術と日

本古来伝統を合わせたブランドを立ち上

げて、今年から世界進出をする矢先との

こと。どうもそのブランドプロジェクト

に竹生島の姫様が絡んでいるようで、10

年前から彼女の精神を鍛えていたのでは?

と思ったり…(さすがスパルタ姫!(^^;))

 

そのプロジェクトに、グラフィックデザ

イナーをちょうど探していたとのことで、

成り行きでビジュアル制作のお手伝いを

することになり…(^o^;)、仕事が落着く

秋頃に友人と一緒に竹生島参拝へ出かけ

ることになり…。(笑)

 

友人のように『なぜか土地に呼ばれる』

ってたまに耳にしますね〜。(^^)

相性の良い土地だったり、元々家系のル

ーツだったり、前世のご縁だったり、

今後のお役目を担う場所だったり…。

 

たまたま偶然通りかかっただけの場所な

のに、その後妙に気になるとか、その後

何度も出かけることになった、勤務先や

移転先になったといった場合は、完全に

その土地に呼ばれた(捕まった!?笑)

状態だと思います。(^o^)/

 

その土地は、その人の人生において大切

な学びやご縁を得られる場所です☆

気になる場所がありましたら、出かけて

いろいろ散策してみると、面白い発見や

出会いがありそうですね〜☆(^^)V

 


☆クリックしてね☆

 

 

想念

すっかり春ですね〜🌸

桜も満開になり、木々の草花も芽吹き

心もワクワクする時期になりました。

 

この『ワクワクする』という感情は、

実は人にとって大変大切な感情です。

人は想念によって人生をコントロール

し、夢を現実にする事もできます。

 

想念とは人が心の中に描く考えや、思

いを指しますが、想念には人が想像す

る以上に良くも悪くも強力な作用があ

ります!(^o^)/

 

もし、叶えたい夢があるのなら、夢が

叶った自身の姿を思い描き続けると、

いつかそのイメージが現実となります。

さらにワクワクした感情でイメージを

すると、より現実にする力がアップし

ます☆

 

逆に、夢を思い描きながらも「そうは

いってもどうせ無理だろうな…」など

否定的なマイナスの想念が入ると、折

角の想念が打ち消されてしまいます…。

 

それどころか、マイナスの想念を自身

に刷込み続けてしまうと、想念が毒素

に変わり、心身を蝕んでしまう事さえ

あります…。(^^;)

 

マイナスの想念には汚染された空気と

同じ作用があると考えると分かりやす

いですね。

都会でストレスを抱えた沢山の人々の

マイナスの想念を浴び続けると、想念

の毒素を体の中に取込んでしまい、気

持ちが滅入ってしまったり、元気を失

くしてしまう経験はどなたにもあるか

と思います。

 

逆に、空気が美味しく感じる清々しい

場所にいると、マイナスの想念が浄化

されて心身共にリラックスできたり、

スッキできたり!(^^)V

 

なので、ストレスが溜まってマイナス

に考える事が多いな…と感じる場合は、

深呼吸をしてどんどん毒素を吐き出す

と良いですね。

 

また、植物や草花から出る気には強力

な浄化作用や癒しの効果がありますの

で、緑の多い場所で深呼吸をすると、

より体に溜まった想念の毒素を消す事

ができます。

 

心地の良い春の陽気の中で、森林浴を

しながら、リラックスして夢を思い描

くのも心身共に良さそうですね〜🌸

 


☆クリックしてね☆

 

鳥族

人間には不可視ではありますが、実は

世の中には鳥族という種族が存在して

おり、西洋で言うところの『天使』と

される存在が人間の知るところの代表

的な鳥族になります。

 

古代エジプトの石碑にも刻まれている

鳥族、ネイティブ・アメリカンの鳥の

トーテム、古代中国でも鳥が祖先とさ

れていたり、日本の太陽信仰の八咫烏

や天狗など、世界各国に鳥族信仰や伝

説がありますね。

 

これらの鳥族は龍族同様に、絵空事で

はなく、現実に存在しいているからこ

そ、世界各国に今も伝えられて信仰の

対象などになっております。

 

一般的なイメージとして、天使といえ

ば神秘的で美しく、人間にとっては大

変ありがたい存在とされております。

しかしながら、本当は全く違う気質だ

としたら驚かれるでしょう…。(^^;)

 

実は、地球に存在する鳥族は好戦的で

残酷で支配的な気質なようです。

その証拠に、戦争を仕掛ける国々のシ

ンボルマークの多くには鳥の姿が描か

れています。

 

ナチスドイツ

 

アメリカ国章

 

ロシア国章

 

鳥には多種多様な種族がいるようで、

鳥族が全て好戦的ではなく、フクロウ

のように大人しかったり、鳳凰のよう

に優雅であったりする存在もいるよう

ですが、しかしながら現在地球上で幅

を利かせている鳥族は残念な気質のよ

うです…。

 

人には本来『何かにすがりたい!』と

いう心情があり、また『美しいモノ=

正しいモノ』と脳が錯覚しやすい気質

を最大限に利用して、キ◯スト教を築

き上げた…というお話があります。

 

もし、あなたの眼の前に光り輝く羽の

生えた美しい姿の天使が現れてたらど

うでしょう?大抵の人は、心が舞上が

ってしまったり、全てにおいて救われ

る気分になりますね〜。✨✨✨

 

しかしながら、その眩い姿の天使は、

本当はただの派手好きでプライドが高

く、高圧的でロクな存在ではなかった

…としたらどうでしょう?(^^;)

 

世界各国、どんな秘境にもキ◯スト教

の教会があり、宗教を通じて洗脳をし

て戦を仕掛ける地盤固めをしていた…

としたら、本当に天使とは善良な存在

なのか?疑わしくなりますね…。

天使はむしろ悪魔的だったり!?

 

もっと言うと、世界中の伝承において

『創造神』とされる存在がありますが、

この存在自体もまともではなく、これ

またロクな存在ではなかったとしたら

どうでしょう???(^o^;)

 

人間には『何かにすがりたい』という

気質がありますので、世界各国にそれ

ぞれの文化に根付いた宗教や信仰があ

ります。それはその人の生き方や人生

において大切な存在ですので、誰が何

を信仰をしてもそれは自由です。

 

しかしながら、本来人間には自身の力

で全てを切り開く素晴らしい能力が備

わっているのですが、何かにすがって

ばかりいると切り開く能力が開花しに

くくなるようです…。

 

鳥族にとっても、人間の特殊能力が開

花せずに無力なままで、神として崇め

られていた方が好都合なのです。

 

このところ、ネット情報などにより鳥

族の悪行が次第に一般の人々にも知れ

渡るようになってきました。

これは、そろそろ人間一人一人が自身

の能力を開花させて自立し、進化を加

速させる時期が来た事を意味するよう

です。

 

いきなり脱宗教&信仰にはならないか

とは思いますが、少しずつ自立へとシ

フトチェンジになっていきそうですね。

 


☆クリックしてね☆

金銭トラブル

2月11日から約1ヶ月間徹夜続きの

千本ノックのような仕事がようやく

終了しまして、一息ついております。

(ホッ ;^o^;)

 

今年の鬼門月(2月)はホントにキツ

イお試され期間でした…。

中でもビックリしたのは、私のクレ

ジットカードが不正利用されている!

と連絡が入った事でした…。(@@;)

 

今年は『お金・経済』によって激動&

波乱になる年…とこのブログでも度々

綴っておりますが、まさか自分にそん

なトラブルが降るかかるとはっ!と驚

いた次第です…。汗・汗

 

カード会社の担当によると、前日に

ネット通販にて15万円相当の不審な

クレジットカード利用があったため、

引落しの手続きをストップしたとの事。

 

他にも同じカードで、ネット店舗・デ

ジタル書籍・電子マネーなどのサイト

に多数会員登録をされていたようです。

 

それら全て私に身に覚えのない事だっ

たのですが、カード情報がハッキング

され、昨年10月からカードが悪用され

ていたのですが、大事に至ってはいな

かったとの事。

 

しかしながら今年の2月、現実に現金

が盗まれそうになったため、過去の不

正利用の全てが発覚した次第です…。

 

カード会社の審査によって、不正が判

明し大事に至らず、本当に幸いでした。

さすが、金銭トラブルが起きやすい年

の鬼門月らしい出来事だな〜と納得!

 

カードも20年前に作ったモノだったの

で、金銭面で激動&波乱が起きやすい

年の鬼門月に新しくなるとは、心機一

転で縁起が良い気がして、ちょっと

ラッキーな気分になりました…。笑

(竹生島の姫様&お狐様の仕業かも?)

 

とはいえ、誰にも会わずに自宅に引き

こもっていても、災難は降りかかるも

のだな〜と実感!(^^;)

今回のようなトラブルは自分では気を

つけようがないのですが、本当に今年

は金銭面では要注意だと感じました。

 

メディアでも、昨年発覚した森友学園

国有地売却問題が、新たな展開になり、

只今国会が揺れておりますが、まさに

今年のスタートを象徴する話題です…。

 

個人レベルでも、昨年までに溜まって

いた金銭面の問題やトラブルはもれな

く表面化になりそうなので、心当たり

がある場合は、早目の対応をするのが

良いと思います。

 

逆に、コツコツと積上げた実績が意外

な方向に大きく飛躍する可能性もあり

ます。お仕事などで頑張ってきた方に

とっては思いがけないラッキーな出来

事も起きやすいので、乞うご期待です!

 

今年の波に上手く乗るコツは、欲張ら

ず、他人や周囲を思いやることでしょ

うか…。情けは人の為ならず、巡り巡

って我が身に返る…ですね。(^^)

 

ようやく春もやってきましたので、

忙しい合間に春花や新緑などの自然を

楽しむのも運気アップに繋がりそうで

すね〜🌸(^o^)🌸

 


☆クリックしてね☆